--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-06-19

旅行日記⑦ タナトラジャ「職人たち」

スラウェシの職人たちです。

木彫りの職人。
kibori2.jpg
カッコいいです。
kibori.jpg

農家(ペタニ)。
「おれは百姓だ。あんたらを愛してる。」そう伝えた。
「jnjvrshhdkar~!!」と笑顔で何かしら答えてくれた。
カッコいい5人組でした。
petani.jpg

木酒職人。
ホームステイ先のスサとアンセル3人で散歩している時に出会った。
木に登り、酒を取って来てくれた。
「明日まで待って発酵したやつが美味いんだ」と教えてくれた。
sake.jpg
真ん中が職人。右はスサ。2人ともカッコよし。
sake2.jpg

ドライバー。
アンセルはもはやドライバーでもガイドでもない。
インドネシア語を知らない自分に非があるにも関わらず、彼は日本語や英語を勉強してくれていた。
ドライバーという枠を超えた彼のサービスに完全に惚れた。友達になってくれた最高の男。
ansel2.jpg

スポンサーサイト

2010-06-19

旅行日記⑥ タナトラジャ「葬式2」

足を杭に括りつけ、専用鎌で牛を切り殺します。
ushi2.jpg

バッタバッタいきます。
ushi3.jpg

みんな殺される牛に釘付けです。
kodomo.jpg

切られた牛が暴れれば暴れるほど、みんな湧きます。
杭から脚を自力で外し、人に襲い掛かろうとしたり、牛が町へ逃げ出した時は焦りました。
でも子供までもその状況に大興奮。肝据わってます。
ushi4.jpg

おびただしい程の血が流れていました。
chi.jpg

何故牛を殺すのか?「三途の川を渡る時、牛が必要だから…」
ドライバーのアンセルはそう教えてくれました。

2010-06-19

旅行日記⑤ タナトラジャ「葬式1」

葬式は派手なパーティになります

現地TVカメラマンと片言の英語で話しました
今回は盛大な葬式らしく、「you lucky」を連発されました
kameraman.jpg

親戚にアルミー(ARMY)がいるとのことで軍隊が参加
一斉発砲で、みんな興奮し始めました
army.jpg

囲われた空間に40頭くらいの牛が連れられてきました
ushi.jpg

マイクパフォーマンスで皆を煽ります。
興奮は最高潮に…
maiku.jpg

2010-06-19

旅行日記④ タナトラジャ「死と生」

スラウェシ、タナトラジャを散歩すると「死」について考えることになりました。
でそれは同時に「生」を考えることにもなりました。

死者たちの人形がこうして飾られます
nigyou.jpg

ningyou2.jpg

洞窟の中にあるこの箱の中は死体が入ってます
hako.jpg

白骨化した死体が乱雑していました
hakkotsu.jpg

2010-06-05

1ヵ月以上も更新を無視してしまいました。
先のことのためとはいえ、目の前の事だけを考えていた様に思います。
なんか抽象的ですね。。。

お金なくなってしまって、今は金貯めモードで生活してます。
畑にも毎日行くことができてません。
そういう意味では、傍から見れば『お前間違ってんよ』って感じかもしれません。
けど、悩む時間がもったいないと思ってとりあえずリーマン始めました。

『何のため』ってことから逃げない様に。
そこんとこだけは忘れない様に。譲らない様に。

少ーしだけ良い意味で余裕が出てきました。

改めて更新やっていきます。

neko.jpg

にゃお♪
プロフィール

JoyPlants_TKD

Author:JoyPlants_TKD
『JoyPlants』として自然栽培に取り組んでいます。春から畑を少しずつ拡大し、様々な野菜に挑戦しようと考えています。
また、福岡市内の珈琲自家焙煎店にて焙煎の勉強をし、こちらも独立に向け動き出そうと計画中であります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。